ペット保険の大まかな特徴

ペット保険の大まかな特徴

ペット保険の大まかな特徴 人に万が一ケガや病気が起こった際に医療費などを補償してくれるように、ペットのケガ・病気を補償してくれるペット保険も存在します。保証してくれる額はかかる合計金額の大体50-70%くらいになります。また、犬・猫だけでなくうさぎや鳥も対象に入る保険もあり、中にはちょっと変わったペットが入れる保険もあります。

ペット保険に加入できるのはあくまで健康な状態のペットのみになります。なので既に持病を持っているペットは加入が難しいといっていいでしょう。加入するときは飼ってるペットの健康状態を必ず問われます。中には健康診断書の提出が必要な会社もありますが、それほど条件が厳しいというわけでもありません。

会社によってペット保険の補償内容はそれぞれで違います。通院を補償してくれる保険は、目・皮膚・消化器・泌尿器科・骨などほぼすべての病気に対応しています。反対に、病気の際の手術や入院を重点的に補償してくれるペット保険には通院費用が補償されません。

自分の飼っているペットがいつまでも元気で長生きして欲しいと思うならペット保険に入ることで安心感が生まれることでしょう。ペットは大事な家族なので値段の安さで選ぶのではなく、どういった補償プランを選ぶかよく考えることが大切です。

最新記事